So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

天野春子、鈴鹿ひろ美がNHK紅白に出場決定!!いつ? [ニュース]

天野春子だけじゃありません。

鈴鹿ひろ美も紅白に出場します。

「第64回NHK紅白歌合戦」に「あまちゃん」出演者が出場することが、
はっきりと決定し発表されました。

何時ころ?

いつ出るの?


紅白歌合戦の出場歌手の発表以来、

天野春子役の小泉今日子さんは出場しないのか?

鈴鹿ひろ美役の薬師丸ひろ子さんの歌声が聞きたい!

デュエットして!

などなど、NHKに対してたくさんの要望があったとか、なかったとか。


なにしろ「あまちゃん」人気は、この年末になっても話題が絶えない
ほどですから、紅白の視聴率を考えれば、「あまちゃん」出演者が
出場することは確実でしたよね。


第156回で終了した「あまちゃん」の“特別編”として。

ということは、歌合戦の合間にドラマが始まるわけですね。


内容は「あまちゃん」らしく、歌あり、ダンスあり、 笑いありのステージショーを予定しているそうです。


「暦の上ではディセンバー」が紅白のステージでパフォーマンスされ、
天野春子、鈴鹿ひろ美、足立ユイも出場決定のようですね。


脚本は宮藤官九郎さん特別書き下ろし、音楽は大友良英さん が担当。

ステージ上とはいえ、期待が膨らみますね。


鈴鹿ひろ美役の薬師丸ひろ子さんは、紅白歌合戦、初出場なんですって。

ヒット曲、たくさんあるのでちょっとびっくり。


それにしても、コーナーの内容を、事前に発表するなんてNHKも力が入ってますよね。

出場歌手発表よりも、話題になってる感あります。

北島三郎さんの紅白卒業なんか、忘れられてますもん。


さて、12月31日、長い紅白歌合戦の進行の中、どのタイミングで
「あまちゃん」“特別編”があるのか。

NHKは、

”今年の紅白は最初から最後まで目が離せません!!”

となっていましたが、

以前の発表で

「あまちゃんコーナー」は、午後9時以降の第2部

でしたよね。

この時間帯が高視聴率を稼げる時間だそうなので、ここで出てくるので
間違いないようです!







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

犬税 日本 泉佐野市 いつ [ニュース]

「犬税、大阪・泉佐野市で検討」というニュースに

日本に犬税?

いつから?

泉佐野市だけ?

と、気になったので調べてみました。


犬税とは、犬の飼い主に課せられる税ですね。


ニュースによると、

犬税は、放置された犬のふんの撤去費用などに充てるために使われる。

犬1匹当たりの税額を年間1,000円~2,000円とする予定。


では、いつからかというと、2014年~2015年に実施したい。

ということです。


日本に犬税て、昔はあったと聞きます。

1955年には、2686自治体が犬税を徴収しており、1982年の長野県にある小さな村を最後に、
犬税は日本からなくなったそうです。

昔から、国レベルでなく市町村で決めていたんですね。

それも、そんな昔じゃないですよね。


気になるのは、徴収の仕方です。

泉佐野市では、飼い主のモラル低下による犬のふん害が問題となって、
犬税が検討されているのに、その飼い主がちゃんと支払うんでしょうか。

犬を飼ったら、保健所に申請するのに、それをしてない飼い主も多いと聞きます。

犬の糞を始末している、モラルのある飼い主さんが、モラルのない飼い主さんの為に
犬税をとられるなんて、なんだか納得いかないなぁ。


犬税といえば、ドイツの犬事情が有名で、とても徹底しているんですよね。

ドイツ以外にも、オーストリア、オランダ、フィンランド、スイス、チェコなどにも犬税があって、
各国の犬税の使い道は、犬の糞などで汚れた街の清掃費用や、犬の糞始末のために
街中に用意されたエチケット袋などに利用されているようです。

そう、犬税の使い道も気になりますね。

日本の犬ブームは、まだまだ続きそうなので、大阪・泉佐野市が先駆けて、
試験的に始めるんでしょうから、良いモデルを作ってくれるといいですよね。


今後は泉佐野市だけでなく、日本各地に犬税が検討され、
実施される日が来るのかもしれませんね。

ワンちゃんの為に使われる犬税を期待します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ムーミンテーマパークが2015年に日本にオープン!どこに? [ニュース]

ムーミンのテーマパークが日本に建設されるんですって!!

いついつ?どこどこ?

とあせってしらべたところ、2015年のオープンを目指す。

ということだけで、細かな日にち、場所は決まってないようです。

来年が、ムーミンの生み親でもある童話作家トーベ・ヤンソン生誕100年にあたるということで、
フィンランドの企業が日本に、と発表したようです。

ムーミンファンは大喜びでしょう。

今までムーミンの世界を日本で味わおうとしたら、

*飯能市のあけぼの子どもの森公園
 ここは、ムーミンの世界をモチーフにつくられていて、ムーミン屋敷や森の家、小川、
 遊歩道など、ムーミン谷のような公園。

*ムーミンカフェ
 東京スカイツリータウン・ソラマチ店は、オープン時に大混雑して話題になっていましたよね。

う~ん、これでは物足りない!

とムーミンファンにとっては、待ちに待ったテーマパークになるでしょう。

さて、場所の予想・・・

関東?関西?

ムーミン谷は、山や川の自然一杯の中で寒い場所。

となると東北や北海道かな?

本場フィンランドのムーミンワールドは、フィンランド南西の港町ナーンタリにあり、島全体がムーミン谷になってるそうです。

正面ゲートが長い桟橋になっていて

ムーミンパパとママ、フローレン、スニフ、ミイ、スティンキー、スナフキン達が迎えてくれ、ムーミン屋敷、ニョロニョロたちの森、ヘムレンさんの家、警察署、郵便局、消防署などが建っているそうです。

わ~楽しみです。

島一つをムーミンテーマパークにするなら、瀬戸内海の島なんていうのもありそうですね♪

2015年が待ち遠しいです。

ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。